家族にばれずに借入をするための注意点

家族に内緒 お金借りる

家族にばれずにお金を借りるときの注意点として、配偶者の収入ではなく自分の収入で審査を受ける必要があります。

消費者金融などは総量規制によって借入が年収の3分の1に制限されるため、収入のない専業主婦では利用できませんが、配偶者貸付制度を認めているところでは配偶者の収入で借りられます。

家族に内緒

しかし、この場合、配偶者の勤務先に在籍確認の電話があるのでばれる可能性があります。銀行は総量規制の対象外ですが、収入が全くないと利用は難しいです。

パートなどで良いので自分でお金を稼ぎ、その収入で審査を受ければ在籍確認は自分の勤務先に対して行われるため、家族にはばれません。

自宅に電話を掛けられないように、本人確認の電話は携帯電話で受けるようにします。

契約後に契約内容やカードなどの郵送物が自宅に届くとばれることがあるため、郵送物のないところを選び、カードは店舗や契約機まで取りに行きます。

また、お金を借りた後に返済の遅延を起こさないようにします。

遅延を起こすと自宅に状況確認や督促の連絡が来てしまうので、返済できる金額だけ借りるようにします。
お金借りる

収入に不安がある人でも安定していれば借入できる

金融機関でお金を借りる時には、収入に不安があっても、ある程度安定して毎月収入があれば、借入ができます。

一般に、金融機関でお金を借りる時の申込み条件は、「働いていて安定収入がある人」となっていることがほとんどです。

収入に不安がある人

この安定収入というのは、公務員のような収入があることを指すのではなく、パートやアルバイトで少ない収入でもいいので、毎月決まった収入があるということで足りるというのが多数説です。

金融機関でお金を借りるときに重要なのは、高い収入があることではなく、収入に応じて無理のない借入をすることです。

収が100万円程度でも、10万円程度の融資を受けるだけならそう難しいことではありません。

もう1つ重要なこととして、人間的な信用があることです。

具体的には、過去にクレジットカードやローンの支払いで延滞したり、金融事故を起こしたりしていないことが大切です。

このような過去の支払い記録のことを信用情報といいますが、信用情報に傷がない人ならば、審査が厳しいといわれている銀行で融資を受けられる可能性も高いでしょう。

クレジットカード 延滞

もしも信用情報に傷があっても、1回や2回の延滞ならば審査に通る可能性もありますが、収入が少ない人の場合は不安要素が増えることになるので、やはり普段からクレジットカードやローンの支払いをきちんと行なっていることが大切です。

アルバイトや派遣社員でもお金を借りられる必須条件とは

消費者金融や銀行が提供しているカードローンは、いつでも好きな時にお金を借りることができる便利なローン商品です。

しかもほとんどの金融機関のカードローンは、アルバイトでも利用できるとしていますので、正社員じゃない人でも安心して申し込むことができます。

消費者金融

しかし申し込みができるからといって、必ずしもお金が借りられるわけではありません。

収入や安定感の面で正社員よりも劣るアルバイトは、そのぶんローン審査に不合格となる確率も高いのです。

どうしてもキャッシングをしたいのであれば、雇用形態以外の条件を良好なものにしておく必要があります。

ただ審査で求められる条件の中には、居住形態や固定電話の有無など、自分ではどうしようもないものや金銭的な負担が大きくなるものがほとんどです。

そこでお金をかけずに信用力を上げるは、勤続年数をのばすという方法があります。

2、3ヶ月同じ職場で働いたいるくらいでは、まだまだ安定しているとは認めてくれないでしょう。

少なくとも半年以上は継続して働いておきたいものです。

さらに延滞などの金融事故を起こしている場合は、カードローンの利用は困難になります。

返済スケジュールの管理は徹底しておくことが重要です。

すぐに必要な時にインターネットからの申込は可能か

お金が急遽必要になって、すぐにお金を借りる時にはインターネットからの申込は有効です。

金融業者のカードローン審査は業者の店舗に行く事も無く、ネット経由で行えるシステムが整備されている所が多いですし、様々な立場の方がネット経由で利用しています。

カードローン審査

パートやバイト、正社員や派遣社員から自営業、こうした様々な業種の方がネット経由で申込を行って利用している例も多く、審査申込だけではなく、審査、振込、返済まで全て行える業者も多いですから、一度も業者の方と顔を合わす事も店舗に行く事もなく利用出来る仕組みが整っています。

審査に通過出来るだけの返済能力がある必要があり、基準を満たしていない場合は審査見送りという事になりますが、審査時に必要な書類はネット経由でメール添付で受け付け可能な業者を利用すると郵送の必要もなく、審査基準に合致していれば即日でもお金を借りる事は出来る仕組みがあります。

返済計画を立てながら借金を利用すると良いでしょう。

仕事を始めたばかりでの借入の審査は厳しい?

仕事を始めたばかりで在籍期間が短い場合は借入審査を通過出来ない可能性もあります。

仕事を始めたばかりでの借入

審査申込を行った時には返済能力の確認をされる事になるのですが、この時に在籍期間というのは重要であり、アルバイトやパートの方も在籍期間が長いと安定した収入があると見なされて、お金を金融業者から借りる事が出来る可能性が高くなりますし、カードローン審査に通ってキャッシングやローンでお金を借りる為には在籍期間が長い事は有利です。

収入証明なし

前職があって収入証明を出来るとか、すでに借金経験があって返済履歴に傷がなくて信用が高い場合はクリア出来る可能性もありますが、初めて利用したい時に働き始めてすぐの場合は見送られる可能性もあります。

いずれにしても収入の流れを持っていて、返済出来る可能性が高い人は有利であり、在籍期間の長さは安定していると見なされる事になりますから、業者としても貸し倒れのリスクが少ない申込者として判断する材料になるのです。

家族にばれないキャッシングのポイント:返済期日は必ず守る

最近のキャッシングは申込みもパソコンや携帯電話、スマホなどででき、来店の必要がありません。
審査が通ると即日借入れが出来るので、入院などの緊急時には大変便利です。
しかも、

利率も低く、5万円などの少額から借入れが可能ですので、返済も安心です。

今は利用明細書も郵送でなく、WEBでする事が可能です。
ですから、キャッシングは審査から借入れ、そして返済まで家族を含めて誰にもばれないで借入れが出来るのです。
家族にはお金を借入れした事を知られたくないと思っている方には大変おすすめです。
しかし、いくらキャッシングが家族にばれないからと行って、返済が滞ると直ぐにバレる事になるでしょう。
返済が滞ると電話や郵送などで返済が遅れている事をお知らせします。
時には、会社にも連絡の電話は行く事もあるのです。
ですから、お金を借りたら、返済期日を必ず守り、返済する事が大変重要になります。
キャッシングは簡単に借入れする事は出来ますが、本当の緊急時のみに利用する事を心がけましょう。